トヨタのスマートシティとスーパーシティの違いとは?法案明日成立へ期間工132

ブログ
スポンサーリンク

本日の作業

・今日は曇りで15時から雨の予報だったが13時に少し振り出しイライラする。

・今日から残業の計画書?を取りに行くようにゆるそうな人に言われる。面倒な事がジョジョに増える。

・残業時にゆるそうな人は来ず自分のペースで残業終了。

樹木に囲まれた「トヨタ未来都市」 どんな場所?予定地を歩いてみた

ウーブンシティの発表後、地元の裾野市役所は、駅前を含めた周辺を再開発し、トヨタの敷地外にも自動運転車を走らせるなどの規制緩和を目指す計画を立てました。ウーブンシティと地域の相乗効果を狙ったものですが、市の担当者はトヨタの計画の詳細について、「まだトヨタから知らされていない」とのこと。

トヨタは、この地域をどのように開発していくつもりなのでしょう。広報部に取材すると「今のところ、1月に発表した内容がすべてです」との回答。追加の発表があるまで、ウーブンシティに関する取材には一切応じられないのだそうです。

出典

樹木に囲まれた「トヨタ未来都市」 どんな場所?予定地を歩いてみた
「未来都市」とか「スマートシティ」って、興味ありますか? 「ドラえもん」が大好きだった私は、もう興味津々です。そこで、トヨタ自動車が今年1月に発表した、自動運転や人工知能(AI)の実証都市「Woven City(ウーブンシティ)」を取材し…

 

以前トヨタのスマートシティに関しての記事を掲載しましたが、続編はないものかと探したら先月の記事ですが

上記の記事を見つけました。スマートシティはまだ謎に包まれているみたいですね。続報に期待したいです。

スーパーシティとは?スマートシティとの違いを解説

ここまで、スーパーシティ構想の基本コンセプトと、それぞれの課題・達成条件を整理しましたが、スマートシティ構想とは一体、何がどのように違うのでしょうか。

2019年2月、有識者懇談会がまとめた最終報告によれば、「スマートシティや近未来技術実証特区は、エネルギー・交通などの個別分野での取組、個別の最先端技術の実証などにとどまっていた。」とされています。そして、エネルギーインフラや道路・公共交通網が発展している日本では、現状の都市機能で十分豊かで便利な生活がある程度確保されているため、都市部への人口集中に歯止めがかからず、高齢化や人口流出など地方が抱える問題解決にも直結しません。その結果、住民目線では「それほど高度な技術が生活に必要なのかな?」と、存在価値と有益性に疑問符をつけざるを得ない取り組みになっているのです。

一方、スーパーシティ構想は「技術の先進性」を競い合うのではなく、「住民の参画」で浮き彫りとなった「根深い問題」を、早期解決に導くITテクノロジーを「実装」し、地方の生活水準を上げ「脱都市化」を図り、継続的な経済発展を目指していく取り組みです。IT技術の進化という、未来都市創生の手段が「目的化」しつつあるスマートシティ構想と異なり、基本コンセプトが網羅されたスーパーシティが誕生すれば、我々の生活は劇的に変化するでしょう。

出典

スーパーシティとは?スマートシティとの違いを解説 | SmartDrive Magazine
近年、「Society 5.0」の実現に向けた未来投資戦略やスマートシティ構想、税・法令などの規制を緩和した国家戦略特区や、国内全体の活力UPを目的とした地方創生政策など、さまざまなプロジェクトが立ち

この記事ではスマートシティよりスーパーシティの方がいいような書き方ですね。

実際はどうだかわかりませんが(苦笑)

スーパーシティとスマートシティの違いは?そして未来技術社会実装事業の位置づけは?

スーパーシティとスマートシティはどちらも省庁横断的な取組みで、私たちが担当している未来技術社会実装事業は、スマートシティの取組の1事業として実施しています。一方、スーパーシティは、内閣府地方創生推進事務局の別の部署が担当していて、交通・医療・金融など複数の分野で大胆な規制改革を必要とするような先端的サービスを展開することなどを要件として、未来の生活の前倒し実現に挑戦するエリアを選定していくこととしています。現在、スーパーシティを推進するために、国会で、国家戦略特別区域法を改正する法律の審議をしていただいています。

出典

「自動運転時代」の駅前広場など都市再生の検討が必要…内閣府 地方創生推進事務局 参事官 森本励氏[インタビュー] | レスポンス(Response.jp)
5月29日開催オンラインセミナー「スマートシティ2020」(参加費無料)に登壇する内閣府地方創生推進事務局参事官の森本励氏にスマートシティと未来技術社会実証事業について聞いた。

スマートシティとスーパーシティの違いについての別の記事ですね。

正直何回読んでもよく違いがわからないです(笑)

なにはともあれ便利になっていくと言う事でしょうか。

明日にも法案成立へ「スーパーシティ法案」って何?

テレビではあまり取り上げられていないものの、ネットで「#超監視社会」などで注目されている「スーパーシティ法案」ですが、27日にも成立する見通しといわれています。一体、どんな法案なのでしょうか。

22日に参議院の委員会で採決されたのが通称「スーパーシティ法案」です。AI(人工知能)など最新技術を駆使して行政、インフラ、生活、教育のすべてを快適化、効率化した夢の街、スーパーシティ構想。キャッシュレス決済、自動運転、ドローンなども活用。ストレスのない住民サービスの実現が目的ですが、委員会ではいくつかの問題点が指摘されました。その一つが、個人情報の扱いです。個人に合わせた細やかなサービスのためには、プライバシーも含めた情報が必要だというのですが…。

社民党・福島瑞穂党首:「このスーパーシティ法案のなかでは、個人情報(の提供に)同意が必要だ、ということだったんですが、(法案の資料では)相当な理由があるとなれば情報の提供が可能です」

なんと、同意がなくても参加する事業者側に個人情報が提供されるというのです。

国民民主党・森ゆうこ議員:「端的におっしゃって下さい。このミニ独立政府における主権者は誰ですか、大臣」

北村地方創生担当大臣:「主権者は国民であります」

ネットでは、「生活がとても便利になるけど監視社会にもなりそう」「サイバーセキュリティーが甘い日本だと、海外に情報が漏れる危険がある」などの声が上がっています。

スーパーシティ法案は、27日にも参院本会議で成立の見通しですが、ある政府関係者は…。

政府関係者:「個人情報保護の件は、与党が割れる可能性だってあると思うが、与党も実際のところよく分からないで賛成しているのではないか?」

出典

302 Moved

その「スーパーシティ法案」ですが、明日27日にも成立する見通しといわれています。

あまり報道されないでしょうが、動向に注目したいですね。

あとがき

今日調べて取得した陰謀論的な情報を並べてみます。

・中国は超管理社会になっているらしく、日本もそれに続く流れみたい。

・昨日数字を伸ばしていたツイッターの#超監視超管理社会を拒否しますのハッシュタグはネットデモらしい。

・コロナ茶番は様々な法案を通す為に計画されたものらしい。

・家で自粛させたのはムーンショット目標の為の伏線らしい。

・某女子レスラーの件は言論統制らしい。

などなど色々調べたら出てきました。

僕の中ではこれらの騒動に違和感を感じる方なので同意する部分は大きいですが、双方の意見を聞いて考察したいですね。

まあ期間工のような非正規の人にはそんな事はいいから飯を食わせてくれという感じでしょうが(笑)

このあたりの情報はこれからの時代を生き抜いていくのに必要な知識だと思うので

定期的に発信していく予定です。


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました