雇用保険の給付金が受給できそうです。

IMG_20190612_220819

昨日離職票が届いてぱっと見で給付金受給するのに3ヶ月かかるなと思っていましたが、夜になってよく見るとそこに「会社都合」の文字が…

IMG_20190612_140307

ヨッシャー!と喜んで翌日再びハローワークに行きました。受付に離職票を持っていったら波照間の時の離職票がないということで変な雰囲気になりましたがとりあえず券を取って待つことにしました。

50番、確かこの時43番ぐらいが呼ばれていたかな。その時左側にパンチパーマ気味の職員のおっさんが、親の介護でどうのこうのと言っていた受給者に何かでキレていた。

こわ〜、この人が僕の担当だったらやばい。今頃何来とんねんとか言われそう。どうか前に担当してくれた好青年でありますように。

46,47,48,49,50.何回もあのおっさんに当たらない様にシュミレーションしてました。あ!おっさんが席を立ってどっか行った。そのまま戻ってくんな。あ!戻ってきた。よし、隣の職員になりそうだ。あ!でもおっさんを抜かした。

そして、パンチパーマの職員が僕の順番でファイルを手に取った。終わった…僕は覚悟を決めておっさんに呼ばれた、そして…

しかし、パンチパーマぽいおっさん職員は意外に感じがよく対応してくれました。ただ以前の職場の波照間島の仕事が雇用保険を入る義務があると言って連絡するように言われましたが。

それ以外はスムーズに話が進み給付金を受給するスケジュールの説明を受けました。それと書類を作って送るから給与明細とかを持って来るように言われました。

この時事前に調べて用意した顔写真2枚と通帳とマイナンバーを出しました。印鑑は使わなかったです。やたら書くものが多くて職員のひとを待たせるのが辛かったです。

住所も5回位書きました。書きながら住所って大事だなって思いました。ホームレスになると大変だから気をつけねば。

その後そのおっさん職員が求職票の書き方と出すところを席を立って案内してくれ「給与明細とか早めに持ってこれない?すぐ出せるから。午前中は空いてるから」と優しく言いました。

最近ひどい目にあってきた気がするので、承認欲求を満たされたというか世間から大分見放されていた気がしてたので正直嬉しかったです。まだ全然いける、日本に生まれてよかった。

その後求職票を書いて出してハゲの職員の人に入力するからパンフレットを見ながら待ってと言われチラッとみたら…

ハゲの職員の人キーボードを人差指で入力してタッチタイピングができないみたい。どおりで遅いわけだ。これは衝撃。

僕もタッチタイピングできなくてコンプレックスでしたが、熱海でレストランホールスタッフをしている時に独学でマスターしました。仕事見つからなかったらハローワークの職員もありだな(笑)

手続きが終わり、すぐ波照間の本社に電話したら、「ここは本社なので事業所に電話してください」と言われました。本社が対応しないなんて流石だ(笑)

前の職場に連絡するのは嫌なので、少し歩いていつものローソン前の大理石に腰掛け嫌だな〜と思いつつ電話をかけたら男の人が出て経理は出張に出てるので伝えておくとのこと。ラッキー。でも電話したらお世話になってますとか言われて嬉しかった。誰だかわからないけど。

とりあえず、あとは給与明細をハローワークに持って行くだけなので明日また来ます。
←ブログランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました