真夏の恋が儚く消える…【フォークリフト合宿番外編】

IMG_20190815_223223



※帰りのバス停からの風景

先日フォークリフト合宿で無事合格を果たし修了書をいただいたのですが、実はそのあと最終試験が待ってました…

僕は前泊でフォークリフトの合宿できたのですが他の3人は通いでもう一人合宿で当日から女性が合宿できてました。

彼女は神奈川県から来たみたいで僕と一緒なので神奈川のどこですか?と聞いたら割と僕の住んでる所と近いとのことでした。

近いといっても電車で20分〜30分くらいのところですけどね。それでも県外から合宿できたのに偶然同じ県から来たということで親近感が湧いて少し話をしました。

彼女は大型免許を持っていてミキサー車に乗っているガテン系女子でした。背は少し低くて太ってはないけど骨太な感じで髪は黒いけど腰のあたりまで長かったです。おとなしめだけど途中から耳と鼻にピアスをしていましたが笑顔が素敵な女性でした。

その後教習が進むに連れて僕が一番下手で他の4人はうまいので僕は段々浮いてきて話さなくなりました。

それで2日くらい彼女とも話さなくて最終日の昼に彼女が声をかけてきて二人でお昼ご飯を食べました。

それで彼女は最初この辺りを観光してから帰ると言っていたのですが、台風もくるみたいなのでそのまま帰るか迷っているみたいでした。

それで僕に「帰りのチケットもう買ったんですか?」と聞いてきました。これはもしかして神奈川に一緒に乗せてってくれる流れか?といい感じになりました。

その後フォークリフトの実技と学科に無事全員合格して修了書をロビーでもらいました。

さあこれでみんなで合格を喜びあおうとしたその時、間髪入れずに女子職員がバス停に2人送りますということになりました。

1人は断っていましたが、僕は疲れていて早く帰りたいと思っていたこともあり、そのままバス停まで送ってもらいました。

彼女はこれから高速で帰るんですか?と聞かれてましたが、まだ迷っているのか、僕がバス停に行ってしまうのに驚いたのか、しどろもどろの回答をしていました。

僕も最後に彼女と話したかったし、高校生がフォークリフトの合宿に来てるのでその写真を撮りたかったからすぐバス停に行きたくなかったのですが、その女子職員のパワーに押されそのまま拉致られました。

もう完全に疲れて思考停止してました。僕だけできなさすぎて僕だけ落ちてもおかしくない雰囲気でしたからね。

でも結局彼女と一緒に神奈川に帰るどころか連絡先も聞けずじまいで、フォークリフト免許をとった喜びよりもむしろこのことがショックで落ち込みました。

フォークリフトの免許をとったと思って油断してたら裏テストが用意されていたとは…こんなオチか(笑)

フォークリフトの学科テストは4択でした。ちょっとこの裏テストを4択にしてみました。

➀そのまま女子職員と一緒にバス停に行く。

②女子職員に5分待ってもらって彼女に連絡先を聞きバス停に送ってもらう。

③僕も女子職員を断り彼女と連絡先を交換し彼女にバス停か駅まで送ってもらう。

④女子職員を断り、合格した同士で打ち上げをして彼女と車で一緒に神奈川に帰る。

僕は①を選択してしまいましたが、②あたりが大人の対応だったかなと思います。

バス停送るって行ったって時間考えてなくて適当ですからね。暑い中10分ぐらい待ちました。天然なのか、早く送迎して仕事終わらせたかったのかは今もわかりません。

当日はショックでしたが、今思うとこれでよかったと思います。彼女お酒が好きみたいで神奈川まで送ってもらっていたら飲み代奢るつもりでしたので大分ペースがおかしくなっていたでしょう。

今思えば夢のような数日間でしたが、僕の手にはフォークリフトの免許があるので夢ではなかったのでしょう。

まあ、残念な点もあったけど何もないよりはいい思い出になったからよかったかな。

もう次の展開も動いているので、後ろを振り返らずにがんばります。

←ブログランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました