期間工7日目、喋らない人と喋ってくれる人

ブログ

期間工生活7日目は晴天で、昨日まで僕に指示を出していた「喋らない人」に代わり今日は「喋ってくれる人」が来ました。

ちなみにトップの写真の「金持ち父さん 貧乏父さん」は以前よく読んでいましたが、

特に深い意味はなくて語感が似てたからというだけです、似てないか(笑)

喋らない人は職人気質で仕事が正確でしたが、喋ってくれる人はコミュニケーションはとってくれるのですが、

おっちょこちょいな感じで、そのせいで僕が少し怒られました(笑)でも、昨日の喋らない人よりは断然仕事がやりやすかったです。

仕事は昨日よりミスが少なくて2つ、やってもやらなくてもいい作業で僕は気が付かなかったのですが、

誰かがやってくれた痕跡が残っていました(笑)ようやく危ない橋から、そんなに危なくない橋に移行した感じが

しますが、いづれにせよ不安定な道を進んでいる感じは変わりません。

※出典 賭博黙示録カイジ

慣れてきたとはいえ、工場内は危ない機械だらけ、あらゆる危険予知をシミュレーションして災害を回避しなければならないですね。

※ジョジョ第3部より

災害が起きる前に時止めを行えればいいのですが、時止めは練習が必要みたいなので、時止めに頼らずしっかり危険予知をしたい所です。

※ジョジョ第3部より

それで、寮を貸してくれる期間工紹介会社の人に会って寮の話になったので、退去願い業者から電話とかかかってくるので、

早めに寮に移りたいと言ったら、移るとき早めに言ってね、と言われました。というか早く寮の鍵ください(笑)

寮の鍵はゲットできませんでしたが、寮に住めることは確定みたいなので、退去願い業者に午後休憩の時に電話しました。

それで会社の寮に移るので、引っ越し代だけみたいな話になったら、退去願い業者は「何だつまんないな」みたいなリアクションしてました。

退去願い業者はブラック企業なので、あんまり楽でも物足りないんでしょうね。そしたら「引っ越し業者に電話番号教えていいですか?」

と得意の煽りを展開してきたので、「寮の部屋を見てからにしたいのでちょっと待ってください」と切り返し、

退去願い業者が来週電話かけてくるということで話が、まとまりました。

あとは、ウチの部署で忘年会をやるという話が出てOKしたんですけど、会費を払わなければならないらしくて、

それが5千円くらいかかると聞いて、高!と思いました。会社の忘年会なんだから半額とかにしてくれればいいのに(笑)

それで今日も残業だと思って行ってみたら誰もいなくて班のリーダーに聞いたら

「誰もいない?じゃあいいや、それで他のリーダーにあれするように言われたから一緒に行きましょう」

と行ってついて行っても結局意味なくて、今度の土曜日の休み出の話をして、ちょっと残業つけてくれました。

それにしても班のリーダーはニコニコ接してくれて、今の所僕に対する好感度は良さそう。

無茶振りをこなした事が評価されてるのか知りませんが(笑)とりあえずはしばらく期間工として生き残れそうです。

ブログランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 資格ブログ 自己啓発へ
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 期間工へ






コメント

タイトルとURLをコピーしました