期間工13日目、災害の恐怖と友達になる

ブログ

今日はラジオで19℃まで上がると言っていて、日中暑い時間がありましたが、風が強い時があり、やや肌寒い天気でした。

今日も朝に期間工紹介会社の偉い人が話しかけてきて、寮にマットレスいる?と聞いてきました。

なんの事かわかりませんでしたが、マットレスが置いてあるようです。布団はいらないよね〜とか聞いてくるので、下さいと言いました。

どうせ引っ越すまで、行ったりきたりするので布団をアマゾンで買おうと思っていたので丁度よかったです。

それで、僕の前におもむろに腰掛けましたが、何もせずに去って行きました。不思議な動きをする人です。気に入られてるのかな(苦笑)

嫌われるのも嫌ですが、特別に好かれるのもちょっとなあと思うので、程々にしてほしいなと感じます(笑)

作業の方は午前中に作業票の時間がおかしいので調整して、今日はうまく行きました。

あまり喋らない人にも定時の前の前の時間に聞いたら「これで終わりです!」といい声で答えました。

ンンンンいい声だ、実にいい響きだ…というか、そんないい声出せるならもっと喋れよ(笑)

と言う事で今日はようやく無難に終わりましたが、ここまで13日もかかってしまった(苦笑)

作業も体に馴染んて来たというか、大分スムーズに行くようになりました。

※出典 ジョジョ第3部

それで災害に対する恐怖が常にあったのですが、大分慣れてきて今は友達みたいになってきました。

ですが、人生でもそうですが、仲のいい友達に裏切られる事もよくあります。常に災害に向き合っていく姿勢が必要ですね。

それで、災害の恐怖が強かったのであまり言わなかったのですが、今居る期間工の工場は、

「すごくいい環境」

です。まず、攻撃的な変な人がいない。僕がいたどの職場にも1人や2人や30人は(笑)変な人がいたのに、ここにはいない…

これは非常に楽ですね。まず仕事よりこういった変な人の対処から考えなければいけなかったのに、それがないのはかなり楽です。

※ジョジョ第7部より

そして給料もそこそこ高いし、仕事は追い込まれないので楽だし、寮費は無料だしで、しばらく充実した生活を送れそうです。

僕の工場の仕事のイメージは完全にくつがえされました。非常にラッキーだったと感じています。

ボクはずっと前に有名なビール工場で3ヶ月働いた事がありましたが、休憩時間に週プロ読んでいたら、

そこのバイトリーダーがプロレスが嫌いだったらしく「プロレスどこがおもしろいの!」などと絶叫し、3ヶ月過ぎるくらいに

僕が別の部署に移動する時に、「あの部署は地獄だぞ、撤収だな!」とか言われました。

ある不動産関係の社長はメルマガで、以前工場で働いている時に仕事中ふざけていたら、上司にボコボコにされて入院したなんていう

記事を読んだりして、僕の工場勤務の印象はよくありませんでした。

でも今勤めている車関係の製造業の職場では安全第一を徹底しているせいか、そういった事に皆無で、怒声も全く聞こえてきません。

貯金したり勉強したり資格を取ったりするのには、とてもいい環境なのでそういう環境を望んでいる人にはとてもいい環境だと思います。

僕もそのうち時間が取れたらこういう期間工の求人情報を紹介して行こうと思います。

今は毎日1.5時間残業で、休出もして引っ越しも控えているので、ブログを毎日更新するので手一杯ですけど(笑)

いづれ、期間工の世界と世間一般の世界と具体的にどう違うか等も求人情報と合わせて記事にまとめたいと思います。

ブログランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 資格ブログ 自己啓発へ
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 期間工へ





コメント

タイトルとURLをコピーしました