マスクを買いに新大久保に行ってみたら原宿にも売っていた件(期間工ライフログ4月25日)

ブログ
dav
スポンサーリンク

東京の新大久保でマスクが大量販売?

韓国レストランや韓流ショップが軒を連ねる都内新宿区の大久保通り。先日、通りを歩いていて、思わず足を止める光景が目に入ってきた。

〜中略〜

コスメやアクセサリーショップ、雑貨店の店頭に、なぜかマスクが山積みにされているのだ。

そのうちの一軒に入ると、満面の笑みで店員が対応してくれた。

「1箱50枚入りで税込み3800円ですよ。中国製ですが、3層構造のフィルターを織り込んだ不織布マスクです。個数制限は特にありません。1日当たり300~400箱は売れています。本来、マスクパックをメインにした韓国コスメの専門店ですが、今では売り上げのほとんどが(普通の)マスクですね」

出典

品薄のマスクが東京・新宿区の雑貨店に山積みされている理由 

マスクが品薄状態が続く中、数日前に東京の新大久保でマスクが大量販売されているという情報を入手し、

感染爆発、重大局面、オーバーシュート、ロックダウン等の危険極まりない状態の東京ですが、

意を決して重要急務として東京の新大久保に突撃取材を敢行しました。

東京の新大久保に到着したが…

そして東京の新大久保に到着しましたが意外と人通りは多かったです。

みんなさり気なくマスクを買いに来たのでしょうか。

全くリサーチなしに駅沿いの道を歩いて行くとまず目に入ったのが

ラーメン屋さんが布マスクを配っているシーンでした

その時は腹が減ってなくてスルーしましたが、後からコスパがいい事に気づきお店に行こうとしたら閉まっていました。

どうやらランチの時だけ営業していてお客を集める為に布マスクを配っているみたいでした。

でももしかしたら上記の写真のお店ではないかもしれません(笑)ランチタイムに新大久保に行った時に探してみるといいと思います。

1件目のマスクはドンキで購入

駅沿いを道なりに歩いていると向かい側にドンキがあったので入ってみると

店頭に布マスクが売っていました。よく見ると「国よりドンキ」と書いてありますね。攻めてますねドンキ(笑)

店内に入ると入り口近くにマスクが7枚入り500円で売っていました。

それでマスクをしないでウロウロしていると男性のメガネをかけた小太りの店内が驚いた様子で僕を見ていたので

慌ててマスクを装着してまたウロウロしているとその店員が

「マスクの在庫はじゅうぶんにあります、前の人と間隔を開けるようにお願いします」とみんなに言っていました。

おそらくマスクをしていない僕を見て

「マスクをしてソーシャルディスタンスをとらなければならないのに、マスクさえしてないとは何事か!」

と思ったに違いないですね(笑)

ドンキでは7枚入り紙マスク2個と布マスク1枚入り1個を買いました。1個500円くらいですね。

写真のモザイクは単に手を写すのが恥ずかしいからであってなんかエロくてすいません(笑)

新大久保での最安値は2800円?

それでしばらく新大久保の駅前を歩いていて、マスクを売っている店は結構ありましたが50枚入りで3500円が平均的な

相場みたいで1番多かったですね。それで駅沿いを歩いていると50枚入り2800円というお店を見つけました。

店の入り口で写真の男性が店員に「もっと店の前で売ればいいのに」とぼやいていました。

それで僕も店に入りマスクを購入しました。税込みで3080円だったかな?

他の店も見て回りましたが僕が探した限りではこの店が1番やすかったですがもしかしたら期間限定の店舗かもしれません。

新大久保の100円ショップで黒マスク購入

駅前の道の中に入っていくと100円ショップがあったので入ってみると黒マスクが売っていました。

一人2枚までみたいなので2個購入しました。よく黒マスクしている人見かけますが汚れても目立たないから楽ですよね(笑)

原宿に寄ってみたら意外にもマスクが売っていた…

せっかく東京に来たので原宿に寄ろうと思い新宿を通過して原宿駅で降りました。

原宿もガラガラだという事でこの目で確かめたいという気持ちもありました。

原宿駅の向いのドラッグストア?に入ってみると意外にもマスクが売っていました。

ちなみに新大久保のドラッグストアでは入荷はあるみたいですが店舗が混乱する為に時間限定で販売しているみたいです。

これは東京に限らずどこもそうかもしれませんね。僕の近所のドラッグストアは入荷さえしていないみたいですが(苦笑)

まあそれはさておき原宿も新大久保同様に中国系やアジア系のお店が実は多いのかもしれませんね。

原宿の竹下通りでマスクを再び購入

原宿を歩いているとラフォーレもエクスペディアもナイキも休みで閑散としていましたが

竹下通りを歩いていると何やら人だかりが見えました。

まあこれはマスクを売っているんだろうと近づいてみるとやはりマスクを売っていて

5枚入りが299円なので3個買いました。こちらも中国系のお店何でしょうね。店員がカタコトの日本語でした。愛想はよかったですけど

でもレジの人は日本人だった気がします。3個で千円で収まったのはいいですが986円で店員はお釣り渡すの面倒でしょうね(笑)

マスクは新大久保より原宿の方が安かった⁉

それでさらに原宿の竹下通りを歩いて行くとマスクが50枚入り2727円というお店を発見しました。

店頭で3千円ですぐ買えるみたいですがレシートがほしいので中で買いました。

店頭の女性の店員がやたら店頭で買う事を勧めていましたがレシートあまり出したくないんでしょう(笑)

青いマスクで中々良さげですね。コスパいいと思います。店がやってなくてもマスクを買いに原宿に行くのもありかも(笑)

原宿の竹下通りに自粛警察ならぬ本物の警察が…

新型コロナウイルスは本当は感染も拡大も蔓延もしていないと思いますが、

その影響でコロナ脳、自粛厨、マスク信者、自粛警察は全国的に感染爆発オーバーシュートしております。

それで東京原宿の竹下通りで自粛警察ならぬ本物の警察に遭遇しました。

マスクを無駄に大量に購入して大きめのリュックに隠し持っていた為、内心ビクビクしておりましたが、

警察の方々は通行人には関心がなく店舗のチェックをしてブツブツなにか言っていた為特に問題はありませんでした。

そもそも原宿は怪しいカッコをした人が多数いる為に多少怪しいカッコをしていても呼び止められることはないです。

まあとは言ってもムダに行くことはおすすめしませんけどね(笑)

新宿のドンキで手作り?マスクを発見

新宿に移動してドンキに行ったらマスクが売っていたんですが、

どうやらドンキが独自で作ったマスクらしくて少し高めだったので購入しませんでした。

新宿は他にも歌舞伎町近くのディスカウントストアでもマスクを見つけましたがこちらも手作り感が強かったですね。

あと休業している店舗の合間に50枚入り3500円で売っているのを何度か目撃しました。

でもちょっと怪しい感じなのでそういうのを含めて新宿でマスクを買うのはあまりお勧めできませんね(笑)

あとがき

東京の新大久保にマスクを売っているという情報は本当でした。

しかも原宿でも安く買えたのはよかったです。

他に埼玉の西川口にも中国人街があるみたいでそこでもマスクが売っているらしいです。

お近くの方はチェックするのもいいかもしれません。

ちなみに僕が今回購入したマスクは転売禁止の法律ができたみたいなのでお譲りできません。予めご了承下さい。

今回購入したマスクは実家に送ったり知り合いにあげたり施設に寄付したりする予定です。

アベノマスクでマスクの価値が暴落して市場に出回るという情報がありますが、

アベノマスクに不良品が出て回収するという話も出ていますので、市場に出回るようになるのはまだ先のような気がします。

地方にお住まいの方は中国系やアジア系のお店を回るとマスクが買えるかもしれません。

最近ネットでもだいぶ買いやすくなってきたみたいですが、届かなかったりもするみたいです。

どうしてもマスクを入手する必要がある人は自粛ムードですが今回ご紹介した東京の新大久保や原宿や埼玉の西川口に行くのもアリかもしれません。

それでもいつでも買えるという保証はないですけどね。

行ける人は今のうちに買っておいたほうがいいかもしれません(苦笑)

 

 


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました