スバル31.4%減で大ピンチ?!ガンバレスバル期間工は大募集中!!!

ブログ
スポンサーリンク

スバルの世界生産台数、コロナ前から31.4%減 2021年度上半期

SUBARU(スバル)は10月28日、2021年度上半期(4~9月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。半導体使用部品の需給ひっ迫により生産調整を行った影響で、世界生産台数は前年同期比3.4%減の34万1791台で、2年連続のマイナスとなった。

前年同期の世界生産台数はコロナ禍により大幅減となったため、減少は3.4%にとどまっているが、コロナ禍前の2019年度上半期(49万7946台)との比較では31.4%減となる。

国内生産は半導体使用部品の需給ひっ迫に加え、東南アジアでの新型コロナウイルス感染症の感染拡大により9月に取引先からの部品供給が滞ったことにより、操業停止・生産調整を行ったが影響。同1.4%減の21万7758台で2年連続のマイナスとなった。海外生産も同6.8%減の12万4033台で4年連続のマイナスとなった。

国内販売は、同2.7%増の4万1356台で2年ぶりのプラスとなった。登録車は『レヴォーグ』等が増加し、同6.1%増の3万2252台で2年ぶりのプラス。軽自動車は同7.8%減の9104台で2年連続のマイナスとなった。

出典

スバルの世界生産台数、コロナ前から31.4%減 2021年度上半期 | レスポンス(Response.jp)
SUBARU(スバル)は10月28日、2021年度上半期(4~9月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。半導体使用部品の需給ひっ迫により生産調整を行った影響で、世界生産台数は前年同期比3.4%減の34万1791台で、2年連続のマイナスとなった。

 

スバルの2021年度上半期(4~9月)の生産・国内販売・輸出実績の記事です。

2年連続のマイナスでコロナ禍前の2019年度上半期(49万7946台)との比較では31.4%減となるようです。

半導体不足による大ピンチですが、巻き返しに期待ですね。

期間工に応募してスバルを応援しよう!入社祝い金55万円継続中!!!

 

スバルは現在でも入社特典最大55万円で期間工を大募集中です。

12月入社も入社特典最大55万円継続するので、まだ入社まで時間がある方は期間工jpからの応募がオススメです。

今ならさらに派遣会社からセレクトギフト5000円がもらえて、

ベテラン指導員から無料で期間工のアドバイスをいただけます。↓

 

スバル群馬製作所

 

でもすぐ入社したい方は直接公式からの応募をオススメします↓

【公式】SUBARU従業員(期間工)求人サイト

あとがき

昴の漢字は書けるようにしておきたいですね😅

タイトルとURLをコピーしました