←大手自動車メーカー大集合!1位は?

【日産・ホンダ・三菱自動車提携で非トヨタ爆誕】期間工は超大大大絶賛募集中!

ブログ
スポンサーリンク

日産・ホンダが協業交渉入り 三菱自動車含む「三社連合」誕生なるかがカギ

 日産の立場はホンダ以上に厳しい。18年の「ゴーン事件」後、本業では過剰設備の解消などリストラに追われ、さらには社外取締役を巻き込んだ内紛が起こっていたため、次世代を見据えた攻めの経営ができていなかった。ホンダとの協業により、その遅れを少しでも取り返したいとの思惑もあるのだろう。

 

日産とホンダの連携は、部品産業を含めた自動車産業全体の再編も誘発しそうだ。たとえば、電子部品やEVの心臓部であるトラクションモーターなどを手掛ける日立アステモは現在、ホンダと日立製作所が合弁で経営している。日産とホンダの協業が進めば、日産も日立アステモに出資する可能性が高まる。いずれ日立製作所はアステモの経営から引き、日産とホンダの2社が経営を主導すると見られる。

 

また、日産は傘下に子会社で変速機や同じくトラクションモーターを手掛けるジヤトコを抱えている。今後、日立アステモとジヤトコとの連携も視野に入ってくるだろう。自動車メーカー同様に部品産業でも、これからEVや自動運転などに必要となる莫大な開発投資を回収するためには規模の利益が重要になるという視点は欠かせない。そうした意味でも、日産とホンダが組むメリットがある。

出典

日産・ホンダが協業交渉入り 三菱自動車含む「三社連合」誕生なるかがカギ(井上久男) - エキスパート - Yahoo!ニュース
日産自動車とホンダは15日、協業開始に向けた覚書を交わした。今後の交渉の中で、EV事業でのソフトウエアや電池の相互補完などについて話し合う。 両社が協業に向けて話し合うのには、もっと大きな「絵」が

 

日産自動車とホンダは15日に協業開始に

向けた覚書を交わしました。三菱自動車を

含めた「三社連合」の誕生の大きな「絵」

もあるそうです。「新三社連合」が誕生する

ことになるとこれは「非トヨタグループ」

の誕生を意味するのでトヨタグループとの

競争が激化しそうですね。

日産・ホンダ・三菱自動車・トヨタは期間工を絶賛募集中

 

上記の記事内で登場した大手自動車メーカ

ーの日産・ホンダ・三菱自動車・トヨタは

期間工を絶賛募集中です。

単純作業で年収400万円〜500万円稼げて寮

費光熱費無料なので無理なく貯金が貯まり

ます。期間工は契約社員ですが正社員登用

も積極的に行っていますので大手自動車メ

ーカーの正社員になることも可能です。

それなりに健康な男女なら採用されますの

でお気軽二ご応募ください↓

日産・ホンダ・トヨタの期間工の応募はこちらから

三菱自動車・日産自動車の期間工の応募はこちらから

あとがき

日産・ホンダ・三菱自動車の新三社連合の

非トヨタグループとトヨタグループの競争

がどうなるか要注目ですね😆

 

 

 

大手自動車メーカー大集結!1位は?応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 その他日記ブログ 期間工へ
 
派遣社員ランキング

 

入社祝い金ランキング
 

アイシン入社祝い金100万円

世界的部品メーカーが脅威の入社祝い金100万円

日産自動車栃木入社祝い金70万円

電気自動車「日産アリア」を生産し、日産の工場の中で最初にニッサンインテリジェントファクトリーを導入した革新工場

トヨタ自動車入社祝い金60万円

世界販売台数連続世界一の圧倒的な自動車メーカー

ブログ
スポンサーリンク
ominをフォローする
タイトルとURLをコピーしました